2018.12.22制作発表【諫山侑矢】

自己紹介

 

はじめまして! 諫山侑矢(いさやまゆうや)と申します! 現在はIT企業でSEとして働いています。

ただ、幼少期から絵を描くことが好きで、芸術センスを活かして何かできないかと考えていました。

その時、.Proの存在を知りました。

.ProのFront Endコースを受講すれば、芸術センスをさらに高められ、デザイナーに必要なスキルを幅広くつけれると考えました。

そして、WEBデザイナーとして価値を提供できるようになるために入学を決めました。

入学後は、ワードプレスやグラフィックツールなどのスキルを幅広く着実に身につけながら、ロゴ制作では既に3件実績をあげています!

今後も楽しく学びながら実績を積み上げていきます!

 

どんなページですか?画像込みで具体的に教えてください

私の制作物紹介ページです。

題して、「諫山芸術館」です!

.Pro入学前に制作した「立体絵」や「色鉛筆アート」、入学後に制作した「ロゴ」などを紹介しています。

また、.Proで学んだグラフィックツールのスキルを示すために、入学前の制作物を写真加工したものも紹介しています。

WEBデザイナーとして働くためには実績を公開することが重要だと学びました。

そこで、今までどんなものを制作してきたか、.Proに入学し何ができるようになってきたか、手っ取り早く理解できるページにしようと考えました。

皆様に楽しんで理解していただけるページに仕上げられたと感じています。

 

どんな人に見てほしいですか?

「デザインで何かを変えたいと思っている方」 皆様にご覧いただき、何かのきっかけになればと思います。

 

制作期間はどのくらいかかりましたか?

ページのモデル選定から設計、実装、写真加工までで約3週間です。

 

どういうところが大変でしたか?

初めてきちんとしたページを制作しましたので、細々と苦労した点はありますが、特に苦労した点は以下の2つです。

1.制作物の見せ方

制作物をどういう配置にすれば見栄えが良くなるかを見極めることが大変でした。

当初は、規則的な配置にしていましたが、面白みが足りないと感じていました。

そこで、それぞれの制作物のサイズを変更し、不規則に散らして配置しました。 それぞれの制作物の良さを引き出し、ページとしてもまとめることができたと思います。

2.写真加工

無彩色な手描き写真が多かったので、どのように加工していくかアイデアを出すところで苦労しました。

そこで、アイデアを出す際にポイントとしたのは、制作物の特徴や状況、環境などを意識することです。(+ヒラメキ)

例えば、「シュモクザメ」→「水中に住んでいる」、ワンピースに登場する「クラバウターマン」→「普通は見ることができない」、などと連想し思考を巡らせました。 そこから、それぞれの制作物に合ったアイデアを思いつき、加工していました。 グラフィックツールのスキルが身についていることも示せていると思います。

 

このページの今後の展開を教えてください

今回制作したページはここで終わりです。

今後はワードプレスを使い、私のポートフォリオサイトとして制作物を公開していく予定です。

是非ご覧ください!

 

募集関連

「デザインで何かを変えたいと思っている方」 に向けて、私を示すためのページを制作しました。

皆様の何かを変えるきっかけになればと思っています。

 

この文章を見た方へのメッセージを最後にお願いします

現段階ではロゴ制作の実績しかありませんが、今後は格段に請け負える範囲が増えると思います。

HPやLPの制作、ロゴ、名刺、ワンポイントデザインなど多岐にわたり価値を提供していきます!

ロゴ制作を通して名刺もお願いしたいです!と仰ってくださる方もおり、既にクライアントに響くものを提供できていますので、興味を持っていただけたら幸いです。

また、立体絵やだまし絵を書いた経験があるというのは、他と差別化できる一つのポイントだと思います。

「立体絵やだまし絵などを取り入れて集客のネタにしたい!」などのご希望も受け付けています。

気軽にご連絡ください! 最後までお読みいただきありがとうございました!