エンジニアこそ筋トレ!?

こんにちは!
.Proの川野辺です。

今回は、僕の趣味でもある筋トレについてお話しさせて頂こうと思います!

僕はエンジニアという職業柄、デスクワークが多いです。
職業によりけりだとは思いますが、社会人になって学生の頃は部活やサークルで運動していたけど
運動不足だなって思ってる人って結構多いと思います。

さらに筋トレと聞いて

仕事に響そう…
仕事で疲れてるし余裕ないよ…
そもそも筋トレなんて…

そんなネガティブなイメージあると思います…笑

この記事で、少しでもそんなイメージが消えてくれればと思います!

なぜ、筋トレ?

現在、プロスポーツ選手や実業団の方を除いて、
週1回でも、週2回でもそれ以上でも、スポーツしてる人って周りにどれくらいいますか?
もっと言うと、筋トレとなると…

おそらく多くて2割程度だと思います。
(完全に僕の感覚です…笑)

もし、友人に筋トレ勧められたらどうしますか?

ほとんどの人が断るでしょう…笑

筋トレ勧めて、断る理由ってほとんど一緒なんですよね

「仕事に支障出そう」とか
「やり方分からないし」とか
「マッチョとか目指してないし」とか

それぞれ思いついた理由で断ると思います。

筋トレと聞いたらジムでマッチョに囲まれて…と思う方もいると思いますが

ジム行ってダンベル使って、マシン使って…etc っていうのだけが筋トレじゃないんです。
家でも筋トレできますし、通勤通学でも筋トレってできるんです!

家であれば、腕立て伏せだったり腹筋だったり、
通勤通学だったら、エスカレーターじゃなく階段使ったり、大股で歩いたり、

普段の生活に自然に溶け込んでいるのが筋トレなんです。
ジムでの動きだって、腕も曲げる伸ばす。しゃがむ立つ。とかそれに負荷をつける。ってだけです。
(ボディビルダー選手などだと日常そんな動きしないでしょ!ってのもありますが、笑)

つまり、他のスポーツをやって運動不足解消しよう!と思って実行するよりも手軽に実行できるんです!
たったそれだけで、身体面も精神面も元気になれるってなったらやってみようと思いませんか?

筋トレの具体的な効果

1、ホルモンの分泌による精神力アップ!!

筋トレすると、テストステロンというホルモンが分泌されます。

テストステロンは、
挑戦しようとする「冒険心」
仲間、家族、他人との関係を大切にする「社会性」
ゲーム、スポーツ、仕事に一生懸命になる「競争心」

これらの気持ちを高める作用があるんです!
生きていく中でどれも必要な要素ではないですか?
 
しかし、運動不足だったり、パソコンの長時間作業などで低下していくとされています。
 
筋トレすること精神的に強くなり、仕事も捗り前向きな姿勢でキャリアアップも狙えるのでは…?

2、自信がつく!!

これは、主に見た目という部分です。
個人差はありますが、大体の人が1ヶ月ぐらいで(週2、3回筋トレして)見た目に変化が出て来ると思います。

腕が引き締まってきたとか、
ビール腹が凹んできたとか、
ベルトの穴が一つ進んだとか
 
見える形で結果が出ると嬉しいですよね!結果を出せたことに対する自信つく。
コンプレックスが解消されていき自信がつく。

見た目が全てってわけじゃないですし好みはありますが、だらしない身体より引き締まった方がモテると思います笑

3、食生活が変わる!!

美味しいものって好きなだけ食べたくないですか?

筋肉量の増加で代謝が上がったり、筋トレ自体によって消費カロリーが増え、お腹が減ります。
お腹減ったら食事が美味しくなります。ご飯が美味しいと感じれば、ちょっとあの店入ってみようとか行動範囲が広くなるかと思います。
 
それに、筋トレ習慣が定着した頃には、プラスでをサラダ注文しようとか、今日は脂っこいもの控えとこうとか、健康への意識も少なからず出てきます。
 
習慣化してしまえば、
たとえたくさん食べても、今日は筋トレ+ちょっと走ろう!とか、食に対しての罪悪感がなくなっていくということもあり食に対しての我慢がなくなります。
 
運動習慣+食生活で、病気の予防にもなりますしね!
会社の健康診断なんて怖くないです笑

エンジニアだからこそ筋トレ!!

僕自身、エンジニアでなので体感してますが

ほとんど座って仕事。→ 運動不足
何時間もパソコンと睨めっこ。→ 運動不足
データの共有はオンラインでささっと移動無し。→ 運動不足
1行のミスがあとあと面倒になるからコード打つときは集中。→ 精神力
ディレクションなどでコミュニケーション。→ 社会性
他社やオフィス内で実績を出したい。→ 競争心
新しいサービス、アプリを開発してみよう。→ 冒険心
 
全部、筋トレ効果でどうにかなります!
 
なにごともそうですが、もちろん単発では意味がありません。
習慣化した結果です!
 

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます!
今回は、プログラミングスクールである.Proとは関係ないようであるような話でした笑

.Proには、僕のようなエンジニア以外の知識がある人もたくさんいます。
生徒さんも様々な職業から転職しようと考え、通ってくださる方がいます。
色んな人が集まるからこそ、色んな視点からの意見が聞けて、色んな発想が出てきます!

集中するときは集中して取り組み、楽しくやるときは講師も混ざって楽しく。
そんなアットホームな雰囲気なプログラミングスクールです!

もし興味持っていただけたら、教室の雰囲気を見に個別相談にいらしてください!

また、「Pythonコース無料体験会」も現在行っていますので、是非ご参加下さい!

関連記事

  1. 大学生こそプログラミング!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA