ITエンジニアこそ副業をするべき!

はい、こんにちは!

.Pro 運営の三田村です。

弊社では、未経験からエンジニアを育成するプログラミングスクールを運営しており、運営メンバーが日々役立つお話をさせて頂いております。

ところで皆さんは、副業はされていますでしょうか?

ITエンジニアこそ副業をするべきだと僕は考えます。案件の数に対して人材が不足しているIT業界では、副業案件として短期から長期のお仕事まで様々な案件が溢れています。

もちろん本業の合間にやるものですが、副業で得られるメリットはとても多いです。

収入UPや人脈の拡大、セルフブランディングなど、今後のワークライフを考える上でも副業はプラスになりますね。

では、どんな副業を始めたらいいいのか?

今回は僕がオススメする副業案件をIT歴が浅い方向けに3つほどご紹介させて頂ければと思っております!

是非、参考にして頂ければ幸いです^^

開発案件の受注(クラウドソーシング)

IT業界では、基本的にエンジニアのスキルを実績ベースで判断する企業が多いと思います。

開発案件を受注するに当たり、最近ではクラウドソーシングを使って案件をこなしているエンジニアも増えてきていますし、業界歴が短い方でも簡単に受注できる案件が多いため、自分の技術を磨いたり、幅を広げる為に使っている方も多いです。

クラウドソーシング専用のサイトも調べればすぐ出てきますし、かなり認知されてきていますね。

実績を増やすために、新たな技術の習得や経験を積めるクラウドソーシングはとても需要が高いサービスになっています。

クラウドソーシング以外にも個人で開発を行ったり、週1.2回(土日など)企業に出向して行う案件もあるそうです。

スキルも磨けてお小遣い稼ぎもできちゃうなんてとても効率が良いですよね!

 

・単価    : ¥5,000- 〜 ¥2,000,000- 

・期間    :短期〜長期

・難易度:★★☆☆☆ 〜 ★★★★★

Webライティング

次にWebライティング案件です。

Webサイトなどで誰もが読みやすく、ためになる記事を多くの人に発信していくのがWebライティングです。

一般的にゲームの攻略記事や美容情報などの記事案件が多いイメージですが、最近ではエンジニア向けのWebサイトやメディアが増えてきており、最新のプログラミング技術や初心者向けにIT情報を発信している記事が増加しています。

エンジニアが IT関連の記事を書くことはかなりオススメですね。

IT関連の記事は専門的知識も必要なため、報酬も他と比べて高価に設定されています。

学んだ技術をアウトプットすることができ、記事の認知度が上がることでセルフブランディングにも繋がります。

転職、フリーランス共に自分の強みとして活かすことが可能なんです。

また、WebライティングはPCとインターネット環境さえあればどこでも作業可能なため、エンジニアに向いている仕事とも言えるでしょう。

ライティングのスキルは数をこなせば自然と身に付いてきますし、初心者にも始めやすい副業の一つですね!

 

・単価    : 1文字辺り 0.5 〜 2円

・期間    :単発

・難易度:★☆☆☆☆ 〜 ★★★☆☆

スクール講師

そして、最後がスクール講師です。

自分がプログラミングスクールを運営しているのでかなり感じることではありますが……….

人材が足りなすぎる!!

エンジニア不足と言われている日本で、教育者すら不足しているのは致命的です。

小学校では、2020年にプログラミング授業の必修化が決定し、教育者の需要はかなり高まっていくでしょう。

その中でエンジニアの皆さんが講師となることは、日本の未来に貢献することにも繋がります。

プログラミング講師は技術や知識だけでなく、積み上げてきた実務経験やコミュニケーション能力などの様々なスキルをアウトプットする必要があるため、自分のスキルを最大限に活かして仕事をすることが出来ます。

さらに、スクールの講師経験を持つ人材は、学校だけでなく社内の人材教育者としても貴重な人材として扱われます。

正直メリットしかないですね 笑

スクールの方針によって必要な技術やスキルは違いますが、エンジニアとして技術を提供し、日本のIT業界を盛り上げていくお手伝いができるのは、ワクワクしますよね。

 

・単価    : ¥1,500- 〜 ¥3,000-  (時給)

・期間    :長期

・難易度:★★☆☆☆ 〜 ★★★★☆

 

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございます^^

読んでいただいて少しでも副業始めてみようかなと思っていただけたら嬉しいです!

副業禁止の企業もありますので、始める際はしっかりと確認を取ってからスタートしてくださいね!

.Proではスクールの講師も募集しています。もし、少しでもご興味を持っていただけましたら下記よりお問い合わせ頂ければ幸いです。

[.Pro お問い合わせ]

関連記事

  1. フリーランスとして上手な働き方とオススメの理由とは?

  2. 正しい勉強法って?